立野クラシックゴルフ倶楽部について コース紹介 施設案内 ご利用案内 料金について 交通アクセス

立野クラシックゴルフ倶楽部HOME > 立野クラシックゴルフ倶楽部について

立野クラシックゴルフ倶楽部について
厳粛な倶楽部ソサエティがここちよい。

なだらかな地形に美しい景観を見せる立野クラシック・ゴルフ倶楽部のコースレイアウトは、
設計監修者ベルンハルト・ランガー(’85、’93マスターズチャンピオン)の理想である
美しさと戦略性を兼ね備え、彼のゴルフに対する情熱が随所にうかがえる個性豊かな18ホール。

樫、山桃、アメリカハナミズキなど四季折々を彩る数百種の豊かな樹木、
ピンの位置によっては2クラブも違うペンクロスベントの広いワングリーン、
そして巧妙に配された真白なバンカーとウォーターハザード。そのスケールの大きさと
スリリングなプレーが期待できる各ホールは、充実したゴルフライフを充分に味わわせてくれます。
また重厚ななかにも洗練されたデザインのクラブハウスにも、大きな楽しみの広がりがあります。
選び抜かれた調度品、落ち着いたインテリア。そして、グルメの皆様にも満足していただけるメニュー。
すべてに格調高いクラブライフを満喫していただけます。

コース監修/ベルンハルト・ランガー
コース/18 HOLES、PAR72、6,909YARDS
所在地/千葉県市原市中高根1166
開場/昭和61年10月18日
コース紹介はこちら
ページトップへ戻る